SAS(睡眠時無呼吸症候群)の治療方法について

SASは比較的対策の取りやすい疾患で、適切に治療を行えば即効性もあります。
専門の医療機関にかかることが最も重要となります。

SAS治療の種類は、主に4種類

SAS(睡眠時無呼吸症候群)と診断された場合は治療に進むことになります。いくつかの治療法があり、睡眠障害の専門医療機関では最も適した治療方針を決定します。
※自己判断せず、必ず医師の判断に従ってください。大きく分けると以下の治療方法があります。

  1. CPAP:即効性があり、効果が大きいと言われている
  2. マウスピース:比較的症状の軽い方に
  3. 外科的手術:一部の方に適応される
  4. 生活指導:長期的に改善を目指す場合

SAS治療の特徴について

まず、日常的に運転をされる方は1の「CPAP」を処方されるケースが多くなります。さらに、根本的な治療を目指す場合は1と併用して4の「生活指導」を行うことがあります。

一般的に、比較的症状の軽い方の場合には2「マウスピース」が多くなります。その他、3の「外科的手術」を選ぶ方もいます。

いずれにせよ、運輸業界でのドライバーの方では1の「CPAP」+4の「生活指導」が第一の選択肢となる傾向にあります。治療を行うことでSASの症状をしっかりと取り除き、かつ効果も早いものを選ぶことが会社、ドライバー、社会のリスクを下げるのに効果的だとされているためです。

※一般的な事象を記載したものであり、医療機関、個人の症状により判断が異なることがあります。必ず専門医療機関を受診し、専門医の判断を仰いでださい。

法人向けSAS対応なら、まずはご相談ください

NPO睡眠健康研究所では全国約650の専門医療機関リストをお渡ししています。
当法人の検査で「要精密検査」と判定された方にご案内ください。

下記の「個別説明会」または「お問い合わせ」からお受けしております。


合わせてSAS対策・SAS治療に関連する、下記資料もぜひご活用ください。