NPO法人 睡眠健康研究所

治療につながる、
スクリーニングで終わらないSAS検査

「SAS対策はコストがかかる」
「スクリーニングは行っているが、なかなか治療に繋がらない」
「そもそもSAS対策は何をすればいいかわからない」 

SAS(睡眠時無呼吸症候群)の対策に着手している企業様から、このようなご意見を伺うことがあります。

NPO法人 睡眠健康研究所は、 累計23万人 (2019年10月現在)にスクリーニング検査を提供し続けてきた実績から、各団体より助成金対象の検査機関に指定されており、名実ともにSASスクリーニングをリードしている団体です。

SASは治療をすることで
健康・事故リスク低減の効果が出る

SASスクリーニング検査は、国土交通省や各種団体、医療関係者による長年の啓発により全国的に普及しています。その一方、 SAS対策はスクリーニング検査に始まり、治療をすることでリスク低減の効果があると分かっていながらも、さまざまな事情により充分に対策ができていないケースがあることも事実です。

私たちはSASスクリーニングをリードする立場としてこの事実に真摯に向き合い、従業員の方々の健康を守るため、事故要因を除去することで企業の経営リスクを下げ、ひいては日本の交通安全と社会の安定のため、「治療に繋がる」施策を、SASスクリーニング検査と同時に提供いたします。

SASスクリーニング検査パッケージの内容

医療機器*によるスクリーニング検査 
1人1台、2週間貸与

精密検査 [割引]
1人15,000円の割引

※適用には事前のお問合せが必須となります

*医療機器については、こちらもご確認下さい。

なぜ、SASは
治療につながらないの?

  • 従業員は「SAS」についての知識がなく、危険性を認知していない。
  • 精密検査の費用が高く、金銭的な負担が大きい。
  • SASに対する会社の制度・運用が構築できていない。

この3つが、SASスクリーニング検査を受けても治療に繋がらない大きな要因です。

このような課題はありませんか?

ドライバーを
治療に繋げたい

手厚い福利厚生
を提供したい

精密検査の
コストを下げたい

SAS対策の
運用例を知りたい

従来のスクリーニング検査とのちがい

SAS啓発資料をお渡しします

当事者がSASについて理解することは、治療に繋げるうえで非常に重要です。NPO法人 睡眠健康研究所では「事業所の管理者」および「ドライバー」を対象としたSAS啓発資材を独自に開発し、無料で配布しています。[pdf]

複数の専門医療機関をご案内

受診しようと思ったときに「どの医療機関に行けばいいか分からない」とならないよう、事業所近くの複数の専門医療機関をご案内します。

さらに精密検査を ¥15,000 割引します

ご案内した専門医療機関で精密検査を受けると、1人15,000円×精密検査受診人数(要精密検査者に限る)の割引を実施いたします。精密検査を会社負担としている場合は「会社のコストカット」として、従業員負担の場合は「従業員の福利厚生」として、ご利用ください。

  • 新しく本ページよりお問い合わせをされた企業が対象となります。
  • 割引額は法人口座へお振り込みいたします。
  • 2020年度の検査対象となるのは「2020年10月までのご発注、12月までの検査完了」の期間内となります。
  • 検査の実施可能人数は年度ごとに制限がございます。お早めにお申し込みください。
  • 適用には条件があります。詳しくはお問合せ下さい。

安心の一律パッケージ価格

¥4,980/人(税別)

スクリーニング検査 + 啓発資材 + 精密検査割引

さらに、上記金額は全日本トラック協会および各都道府県バス協会の助成金の対象となります。


  • 助成金に関する詳細は、所属の協会にお問い合わせください。
  • バス事業者様で指定検査機関に当NPOが含まれていない場合はご連絡ください。可能な限りご対応いたします。 詳しくは都道府県バス協会SASスクリーニング検査助成制度をご覧ください。


累計検査数は23万人。多くの企業に選ばれています

他の検査機関との比較

NPO法人睡眠健康研究所
[割引付き]
A機関B機関
検査価格約5,000円(税抜)約5,000円(税抜)約5,000円(税抜)
従業員用啓発資材 不明不明
精密検査割引

1人 15,000円

××
スクリーニング検査 助成金対象

安心の一律パッケージ価格

¥4,980/人(税別)

スクリーニング検査 + 啓発資材 + 精密検査割引

さらに、上記金額は全日本トラック協会の助成金対象となります。


  • 助成金に関する詳細は所属の協会にお問い合わせください。
  • バス事業者様で指定検査機関に当NPOが含まれていない場合はご連絡ください。可能な限りご対応いたします。 詳しくは都道府県バス協会SASスクリーニング検査助成制度をご覧ください。

お申し込み後の流れ

1. お申し込み
「①お申込書 ②検査同意書 ③検査対象者一覧」の、計3点の書類をご提出いただきます

2. 検査機器の配布
1人1台の検査機器を各拠点宛に送付いたします。対象者様にお渡しください。

3. 測定
対象者様が機器を着けたまま一晩就寝することで、測定が完了します。

4. 検査機器返却
検査機器到着から2週間以内に対象者様全員の測定を完了のうえ、機器をすべてまとめて拠点よりご返却ください。

5. 結果表の送付
①個人別の結果票(各拠点宛)、 ②拠点別の結果一覧データ(管理者様宛)を、1か月ほどで送付します。

  • 検査機器を100台以上ご利用いただく場合は、機器手配のため実施ご希望日の2か月前までにお申し込み書類の送付をお願いしております。お急ぎの場合はご相談ください。

NPO法人 睡眠健康研究所

全日本トラック協会 SASスクリーニング検査助成事業 指定検査機関

公衆衛生、健康医学を専門とし、特にSASの社会的影響を長年研究している医師、谷川 武博士により2004年に設立されたNPO法人です。法人向けに最適化したスクリーニング検査を提供しており、国内最大規模である約23万人もの検査実績を誇ります。

Webサイトお問い合わせ窓口(事務受託先)

株式会社インテグリティ・ヘルスケア
https://www.integrity-healthcare.co.jp/
東京都中央区日本橋蛎殻町1-27-5 YAMATO B.L.D

各種お問い合わせはこちらよりご連絡ください。㈱インテグリティ・ヘルスケアより折り返しいたします。