SAS(睡眠時無呼吸症候群)対策【法人版】  規定構築の課題と標準事例

ホワイト

規定の標準事例ダウンロードはこちら

SAS(睡眠時無呼吸症候群)対策を進めようとしている企業、もしくは明文化し規定化を検討されている企業向けの記事になります。

SAS対策制度化の課題

このページをご覧になっている方は、「SAS対策をルールを作って行いたい」「自主性に依存するのは、経営リスク低下の効果が限定的になってしまっている」といった課題を抱えていらっしゃるかと思います。このページでは、SAS対策の制度化における考え方と課題について記載しています。

SAS(睡眠時無呼吸症候群)検査について知りたい方はこちらのSAS(睡眠時無呼吸症候群)検査とは?をご覧ください。

①まずはSAS対策で何を達成すべきかを明確にする

SAS対策について、企業様のご意見をうかがっていると、大きく分けて「SASスクリーニング検査だけは最低限やっておき、状況を把握に努める」「SAS起因の事故を減らすため、対象者にはきちんと治療をさせたい」の2つに大別されます。まずは自社が何をしたいのかを明確にすることで、その後の組み立て方が変わってきます。

SASスクリーニング検査を実施しないことには企業に内包するリスクの実態が見えてきません。現在SAS対策に取り組まれていない企業様については、まずはSASスクリーニング検査を実施し、現状を把握していただくことを推奨しております。

一方、企業リスク低下のため、従業員の健康のため、社会の安全のため、最終的には後者の「SAS起因の事故を減らすため、対象者にはきちんと治療」とお考えいただくことをお願いしております。

尚、SASスクリーニング検査は2020年度よりGマークの2点加点項目となりました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

②目的に応じて、コストを概算で計算する

次に、目的に応じたSAS対策のコストを概算で計算します。SAS対策は、大きく3STEPがあります。

  • 精密検査が必要な方を把握するための「SASスクリーニング検査」
  • SASスクリーニング検査後に、どの程度重症か、治療法は何か決めるための「精密検査」
  • 精密検査後、必要な方には「治療」

SASスクリーニング検査は、依頼先にもよりますが、概ね3年に一度5,000円/人(約1,700円/人/年)が必要になります。もっとも、トラック協会・バス協会の会員である企業については助成金の対象となるケースがあります。

SASスクリーニング検査についてはほとんどの企業が企業負担で実施されています。国土交通省の要請のみならず、自社のリスク把握、対策が必要な方を把握するため、すべてのドライバーが3年に1度は検査を実施することを推奨しております。

トラック協会の都道府県別SASスクリーニング検査助成金要綱はこちら

バス協会についてはこちら

一方、SASスクリーニング検査後の精密検査については企業によりコスト負担の考え方が異なります。

SASの精密検査は、一般的に大きな金額が必要となります(医療機関により異なります)。この精密検査の費用を「会社負担」とするか、「従業員負担」とするかは、SAS対策上よく論点になります。

傾向として、「会社負担」とした場合、対象のドライバーのほとんどが精密検査を受け、必要があれば治療を行います。会社負担の場合はこの精密検査~治療までをルール化し、乗務ルールを定めているケースが多くなります。一方、「従業員負担」とした場合、自主性に任せることになり、かつ金額的負担も大きいため、精密検査の実施率が顕著に低下する傾向にあります。結果として治療に進む方も少なくなります。

①で目的について記述しましたが、「経営リスクを下げるため」に制度化を検討されている場合、精密検査については「会社負担」として頂くことを推奨しております。

③治療は自己負担の傾向

治療については、一般的な運輸業ではSAS対策といえども会社負担にしているケースは多くありません。理由を尋ねると、精密検査までは運輸業として会社負担で実施し制度化しているが、治療は例えば、眼鏡の製作費や持病の治療と同様に自己負担にしている、とのお考えだとの声を頂いています。

規定の標準事例を配布しています

当NPOでは、累計23万人の検査実績に裏打ちされた、多くの運輸企業様の制度をお聞きしています。それをもとに、SAS対策の標準的な規定例を資料化しました。リンク先のフォーム入力後のメール返信にてダウンロードリンクを記載しておりますので、SAS対策の制度にご興味がある方はご利用ください。

以下の資料は無料配布しております。画像クリックでダウンロードページに移行します。

コストカットのコツ
都道府県別 トラック協会助成金要綱一覧
社内制度運用事例(標準)